実は、最近よく耳にするEDは糖尿病とも深く関係しています。EDにはいくつかの原因があり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因となるもの、心因性のストレスが原因となるもの、喫煙や生活の不規則によるもの、また外傷などが原因となって起こる場合があります。

  • ホーム
  • 前立腺癌の術後にEDや持続力が低下した時の改善方法

前立腺癌の術後にEDや持続力が低下した時の改善方法

笑顔の女性

近年、男性に発症する前立腺癌を発症する男性が増加傾向にあります。
この理由として、高齢化や癌検査である腫瘍マーカーの普及が挙げられますが、前立腺にできる癌は早期に発見することができれば完治させることができるといわれています。
治療には放射線治療や手術、抗がん剤治療などさまざまな方法が挙げられますが、前立腺癌を発症した場合、治療法として最も行われているのが前立腺摘出手術です。
前立腺を摘出してしまえば、癌は完治し再発する可能性もかなり低くなります。
しかし、前立腺を摘出すると周りにある勃起を司る神経や筋肉を傷つけてしまったり、癌が広範囲に進行していた場合周りの組織も一緒に摘出する必要があり、摘出した結果EDになってしまったり勃起の持続力が低下するといった副作用が報告されています。
男性の機能を低下させたくないという男性も多く手術を躊躇してしまう患者もいますが、現在ではED治療薬を服用することによってEDや勃起の持続力を改善することができることがわかっています。
前立腺摘出手術をしてEDや勃起の持続力が低下してしまった男性にED治療薬を投与した結果、ほとんどの患者の男性機能が改善したという報告もあります。
また、前立腺を摘出する際に周りの筋肉を傷つけてしまったことで尿失禁も起こることがありますが、この尿失禁も訓練を行えば元の状態に戻すことが可能となります。
前立腺摘出だけでなく放射線治療を行うことによってEDになってしまうこともありますが、ED治療薬を服用することによって症状を改善することができることがわかっています。
勃起不全は癌治療後の性生活において支障をきたしてしまうことが多くあります。
そのようなことがないように専門医と相談し治療方法を相談していくことが重要となります。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索