実は、最近よく耳にするEDは糖尿病とも深く関係しています。EDにはいくつかの原因があり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因となるもの、心因性のストレスが原因となるもの、喫煙や生活の不規則によるもの、また外傷などが原因となって起こる場合があります。

EDの専門クリニック情報

笑顔の女性

EDに悩む人は以外と多いものです。日本では勃起障害や勃起不全と呼ばれるEDですが、自覚していてもなかなか治そうとは思わない人が多いものです。
特に、40歳以上の方は、年齢もそうなのですが、仕事や生活面のストレスも重なり、EDになりやすいものです。
生活習慣病(高血圧・糖尿病)等の場合には、血管に負担を掛けますので、ペニスに血液が流れずに十分な勃起が得られないことも多いです。
過度の飲酒や喫煙も勃起障害の原因になりやすいです。ED治療院では、ED専門の治療を受けることができます。
通常のクリニックとは違い、ED専門の処方をしてもらえますので、市販のバイアグラ等とは違い、診察結果に応じた、自分にあった処方薬を提供してくれます。
ペニスは大事な場所です。市販薬で、一時的に血流を良くして勃起を持続させるのもいいですが、副作用がやはり気になるものです。
歳をとるとEDになる割合は高くなっていくものです。
知らず知らずにストレスが高くなっていき、不規則な食生活や慢性的な睡眠不足、お酒の飲みすぎ、喫煙過多など、勃起障害に陥りやすい要素は増えていくうえ、体力の低下等も発生してきて、EDになる可能性はますます高くなっていきます。
ストレスが高くなると、陰茎海綿体に対して脳からの性的刺激が滞り、十分な血液がペニスに流れなくなっていきます。
そして、年齢を重ねたことにより、通常の性的刺激では興奮を得なくなってくることも勃起障害の原因の一つです。
バイアグラ等だけには限らずに、食生活の改善や睡眠不足の解消、適度な体力トレーニングにより、若い頃の勃起を取り戻す努力を重ねることも大切です。
経験豊富なため、通常の性行為では興奮しないようでしたら、野外等の刺激的なプレイを試みることも手かもしれません。大切なのは薬だけに頼らないことです。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索