実は、最近よく耳にするEDは糖尿病とも深く関係しています。EDにはいくつかの原因があり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因となるもの、心因性のストレスが原因となるもの、喫煙や生活の不規則によるもの、また外傷などが原因となって起こる場合があります。

ED症状の特徴と改善策

パソコン操作する女性

ED症状の特徴は、勃起力が不十分でセックスがうまくいかなくなることです。
興奮が不足していて立たない状態はEDとは言いません。
セックスをしたくない状況では、ペニスが立たないのは当然のことでしょう。
EDに該当する症状とは、興奮があるけどペニスの勃起力が弱い、中折れして射精できない、などです。
こうした症状の多くは、血行障害とストレスから生じることが多いです。
年齢が原因だと考える方も多いでしょうが、この場合は進行速度が緩やかになります。
中年世代ではバリバリとセックスを楽しめる年代であり、40代~50代くらいでセックスができないほど勃起力が減退しているなら、老化以外に原因があると考えていいでしょう。
血流と勃起力には密接な関係があり、血流が勢いよくなるほど勃起力は増します。
ペニスの内部には骨が入っているわけではありません。
フル勃起状態になると骨があるように錯覚しますが、硬くする正体はすべて血液なのです。
スポンジ状の海綿体に血液が流れ込むことで、ペニスを硬くしていくわけです。
そのため、血液の流れが思わしくなければ、興奮をしてもダイレクトにペニスが反応できなくなります。
中折れする原因ともなるので、まずは血流障害を改善していくことから始めましょう。
EDになってしまったら、必要以上に落ち込まないようにしましょう。
ペニスはメンタルの影響を極めて受けやすい部位なので、悩みや不安は不要なのです。
早漏や短小、包茎などの症状を気にしていると、これが原因でEDになることがあります。
ペニスの勃起力には、男性の自信が影響してくるものです。
男としての自信が喪失してしまうと、十分な勃起力を得られなくなります。
勃起不全を解消するためには、日常における悩み・不安を解消していくことも大切なのです。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索